まずは福岡在住の方へトイレのつまりの色々な原因を紹介します

日々の生活で欠かすことのできないトイレですが、使用方法によっては予期していなかったつまりが発生する事があります。これは全国どこでも、もちろん福岡に在住の方にも当てはまり、つまりを起こしてしまう原因を知っておくことが大切です。どの程度であれば自分で直すことが可能で、業者に依頼するべきなのか判断に困るかと思います。トイレのつまりの原因を把握することで余計な出費を抑え、迅速な対応を行なうことができます。トイレが詰まる前には、予兆ともいえる症状があります。いつからそれらがあり、その前後でどのような行動をしたのか思い出すことも必要になります。原因や症状を把握しないまま間違えた対応を行なうことで、さらに状況を悪化させてしまう事が考えられることから、はじめの状況判断がとても重要となります。

福岡のトイレのつまりの原因には様々考えられる

福岡のトイレのつまりの原因には、大きく2つに分けられます。いつから症状が出始めたのかによって、排水管に問題が生じているのか、便器に問題が生じているのか判断することができます。前触れなくトイレのつまりが発生した場合は便器のつまりが考えられ、水の流れが急に弱くなり異音がする場合は排水溝のつまりが考えられます。トイレットペーパーは、トイレで使用するために作られているので薄く水に溶けやすい性質となっています。ですので、ポケットティッシュ、お掃除シート、おしりふきなど水に溶けにくい材質の物を流してしまうと、便器のつまりの原因となりかねないので注意が必要です。異物の混入で多いのが子供のおもちゃ、雑巾、携帯電話、生理用品、おむつなどとなり、誤って流さないよう日頃から注意することが肝心です。

福岡のトイレのつまりを自分で行なえるか行なえないかの判断基準

福岡在住の方でトイレがつまった際は、なるべくお金をかけないで自分で直したい所です。そこで、自分で直せる問題と自分では難しい問題とを比較します。流したものが紙類であると断定できる場合は、スッポンで圧をかけてあげることで押し流すことができます。その際に水が引きにくいと感じる際は、薬品等で紙を溶かすてあげるとつまりを改善しやすくなります。おむつや生理用品等、水を含むと膨張してしまうものでは早急な業者への依頼が大切です。また、便器に異物がつまっているようには思えないが、頻繁に水の流れが悪くなる場合にもそのままにしておくのではなく、業者にお願いすることをおすすめします。便器のつまりは考えにくく異音が続く場合は、排水管の確認を行います。一軒家では、屋外に排水マスがあるのでそちらを確認するようにし、マンションや集合住宅では、排水マスは壁の中にある場合が多いので業者依頼が必要です。

お客様の評判が良くリピーターが多いことも当社の特徴です。 水まわりのトラブルにお困りの方はすぐにご相談ください。福岡の職人がお力になります。 お客さまの状況を把握しましたら、当社の受付スタッフが修理内容や費用を明確にしたお見積りをいたします。 24時間、365日受付してます。また土日も対応可能です。深夜料金も発生いたしません。 福岡でトイレのつまりにお困りなら水道局指定店のコチラ!